解体工事には万全の注意が必要|安全に作業開始

建物

自宅を守る重要なパーツ

作業者

自宅の屋根をチェックするという機会はあまりないため、いつの間にか修理が必要な状態になっていることがあります。修理を頼むには費用の相場を知る必要がありますので、複数の業者に屋根を見てもらって見積もりをだしてもらいましょう。

詳しくはこちら

玄関の防犯を考える

部屋

カメラ付きのインターホンは、誰が来たかを判断すると同時に防犯としての役目も果たします。録画機能付きの物や、広角で映す事ができる商品など様々あり玄関で空き巣などの犯罪を未然に防ぐ事ができます。これらは大きな工事をしなくても取り付ける事が可能なため、簡単に交換する事ができます。

詳しくはこちら

住宅の撤去

機械

故人の住居を撤去することで相続がしやすいメリットがありますが、土地の活用の予定がない場合には余計に税金がかかるので注意が必要です。大阪府には解体工事を請け負っている会社が数多くあります。インターネット上にはサービスや料金などについて掲載しているサイトがあり、依頼を検討している方に人気があります。

詳しくはこちら

住宅を取り壊すには

重機

信頼できる業者を選ぼう

一般の人で解体工事に詳しい人はほとんどいないでしょう。そのため業者に住宅の解体工事を依頼するときには不安になる人も多いのです。業者に依頼する前には様々な疑問点を質問してみましょう。その時に曖昧な答えをするようでは信頼できる業者とは言えません。依頼者にきちんと向き合ってはっきりした回答をしてくれる業者に依頼をすることが大切です。また解体工事は規模の大きなものになると許可申請が必要となります。その場合は業者がその許可を取っているか確認することも必要です。ほかにも解体工事の時に出る産業廃棄物を収集、運搬する許可も取得しなければなりません。許可証以外にも損害補償保険加入の有無も確認しましょう。工事現場ではどんな事故が起こるかわからないからです。

地中に障害物がある場合も

解体工事の前に業者から明確な見積もりを書面で取ることも大切です。見積もりの際に口頭でおおよその金額を施主に伝える業者がいますがこれは危険です。この場合植木や庭木の撤去など細々とした費用が含まれていないこともあり費用がかさむこともあるからです。見積もりには施主も立ち会って工事範囲を明確にして正確な金額を出すことも大切です。そうすれば思いがけない追加料金が発生することも少なくなります。しかし地中に大きな石や以前の建物の基礎などが埋没していて解体工事の障害となる場合もあります。その場合は撤去工事が必要となるので追加料金が必要となります。様々な点を確認した上で、信頼のおける解体工事の業者に依頼しましょう。